なんでこんなにわかりやすいの?ecサイト運営ノウハウ

商品に対する愛を感じられるecサイト


成功を収めているecサイトと、失敗をしてしまうecサイトの違いの一つに扱う商品に対して愛があるのかないかのかが挙げられます。商品に対して愛の無いecサイトの多くは、ただ商品画像を並べただけの内容であり、購入をしてもメリットを感じられない内容になってしまっている事もあります。 商品に対して愛を感じられるecサイトの多くは、同じ商品に対して違う写真を複数利用している事あり、その写真一つ一つに対してしっかりと文章で伝えている事が挙げれらます。又、ユーザー視点に立って記載している事もあり、ユーザーにとって分かり分かり易いコンテツになっている事もあります。 商品に対する購買欲を高めるには、共感を得る事が重要であり、ユーザーはロボットでは無く心を持った人である事を考える事が大切です。そのためには、ユーザーを恋人の様に愛する事によって商品の魅力を上手く伝える腕を身に付けて行く事が可能になります。


ユーザーが求めている内容を膨らませるテクニック


ecサイトに限らず、人が商品を購入する時には予めイメージを持ち合わせており、そのイメージの内容を達成させるための手段として商品を購入する事が多くあります。例えば、辛口のカレーが食べたい場合、辛口のカレーを食べる姿をイメージとして持ち合わせています。この場合は、ただ辛口のカレーとして紹介するよりは、辛さが伝わる様なキャッチコピーと配色を扱った文字を利用する事によって、持ち合わせているイメージを具体的に膨らませて行く事が可能になります。イメージが膨らみ、大きく膨らんだイメーが風船の様に破裂する事によって、購買へと繋がって行く事が可能になります。 イメージを膨らまさせて行くには、一般的なwebページよりも縦長にコンテツを作成する事が望ましく、縦長のデザインが商品に対する情報量が豊富である事を伝える事が可能になります。分かり易いページと言うのは、階段を上がる様に理解をしながらイメージが膨らんで行く物であり、徐々に膨らませて行く事がポイントです。